メーカー紹介

TOP > イボクラール・ビバデント社

イボクラール・ビバデント社

イボクラール・ビバデント社

イボクラール・ビバデント社は、1923年の創業以来、一貫して個人所有のもとにリヒテンシュタインを本社に発展を続け、今や歯科産業における世界的な企業にまで成長しました。
イボクラール社は、「SR−オーソシットPE」をはじめとする人工歯やオールセラミック「IPSエンプレス」、「IPSデザインポーセレン」、「BPSシステム」等、主に技工関連の製品を生産、販売し、ビバデント社は、「インテンス」、「エキサイト」、「CRT」、「ブルーフェーズ」等、主に歯科医の扱う、光重合充填材、ボンディング材、LED光重合器等、を生産、販売してきました。
そして今やオールセラミックスを始め、その各分野では今や主導的な役割を果たす製品群を網羅し、その研究開発部門を始め、より効率的な体制を目指して姉妹会社であった両社は、2001年4月、「イボクラール・ビバデント社」と一つのグループとして統合されました。
イボクラール・ビバデント社の理念は、「世界的な創造と地域的な存在」であり、科学と技術革新は、イボクラール・ビバデント社のその理念の両輪をなします。
イボクラール・ビバデント社の最終目標は、歯牙やその支持組織の健康な機能を維持し修復することにあり、この目標のもとに日々努力を重ねています。

▲ ページのトップへ戻る

製品情報