製品の安全性について

TOP > 製品の安全性について

アース接続(接地接続)のお願い

医療機器にはア−ス接続(接地接続)が義務づけられています。

現在、診療に使用される医療器械(ME機器)をご使用の際は、JIS T1001(医用電気機器の安全通則 1992年)による規則により、必ずアースを接続(接地接続)して使用しなければなりません。このため、現在のME機器には、必ず「接地極つき2Pプラグ」(3Pプラグ)が使用されています。一方、医用室(医療行為としてME機器を使用する部屋)のコンセント側は、JIS T1022(病院電気設備の安全基準)で、「医用コンセント」として「接地極つき2Pコンセント」(いわゆる3Pコンセント)の設置が義務づけられています。

アース接続は安全な医療行為を行うための必須条件です。

正しくアースを接続することで、落雷やME機器の故障による漏電から感電事故を防止することができます。感電事故では、たとえわずかな電流でも心臓など身体の重要な部分を通過すると死に至ることがあります。(マクロショック、ミクロショック)
医療機器の添付文書にも記載されていますようにアースの接続は必須となっておりますので、再度ア−スの正しい接続確認と、まだ未接続の場合は早急に対応して頂きたくご案内申し上げます。
医用コンセント(ア−ス端子付きコンセント)が無い場合は電気店等に依頼して医用コンセントの設置工事をして貰って下さい。ア−ス工事は有資格者が設置工事をするように法令で定められています。ア−スが不完全な場合は器械が漏電した場合に感電の原因になります。

接地アダプターは正しく接続して下さい。

施設の関係上、医用コンセントが無い場合は、接地アダプター(2P−3P変換プラグ)を使用して2Pコンセントに接続し、別途アース接続をする方法がとられています。下図のように接地アダプターをアース接続しないでご使用しないで下さい。
医用コンセプトと3Pプラグ。接地アダプターの誤った使用例。

正しい接地接続方法

コンセントがア−ス端子付きコンセントの場合は下図のように接地アダプタ−のア−ス線をコンセントのア−ス端子に確実に接続してから3P電源プラグを接続して下さい。
アース端子カバー付コンセント。カバーを開いて接地アダプターのアース線を接続。接地アダプターを差し込む。3Pプラグを差し込む。

延長コードを使用する場合

壁のコンセントに直接接続するのが正しい方法ですが、やむを得ず延長コードを使用する時は必ず3Pタイプの電源タップを使用して下さい。また、必ず医用コンセントへ差込んで下さい。
3Pタイプの電源タップ
ア−ス線は
1) 水道管につながないで下さい。配管途中で通電性のない塩化ビニル配管になっている場合が有りその場合はア−ス機能を果たしません。
2) ガス管につながないで下さい。爆発・火災の危険があります。
3) 電話線に接続しないで下さい。

医療機器を安全に御使用頂くために、
今一度、点検・確認をお願い申し上げます。

▲ ページのトップへ戻る

製品情報