製品紹介

  • HOME
  • 材料
  • エッジスター シャープニングセット
  • エッジスター シャープニングセット
  • エッジスター シャープニングセット
  • エッジスター シャープニングセット
  • エッジスター シャープニングセット
  • エッジスター シャープニングセット
  • エッジスター シャープニングセット

エッジスター シャープニングセット

製品概要

キュレットタイプスケーラーの刃角を78°に、シックルタイプスケーラーを72°に、正確なシャープニングを可能にします。

砥石は異なった2種の砥石をGAM Hホルダーにセットし、刃の状態により砥石を変え、78°に設定したレールに沿わせて容易にシャープニングできます。
(姫野宏先生考案)

製品の特徴

エッジスターシャープニングシステム(GAM = GUIDE ANGLE MATE)は、キュレットタイプスケーラーの刃角を78°に、シックルタイプスケーラーを72°に、正確なシャープニングを可能にします。
砥石は異なった2種の砥石をHホルダーにセットし、刃の状態により砥石を変え、78°に設定したレールに沿わせて容易にシャープニングが出来ます。
砥石、ホルダーはオートクレーブで滅菌消毒が可能で、管理も簡単で安全です。
スケーリング、ルートプレーニングの成功は、その技術はもちろん重要ですが、その前に用いるスケーラーのシャープニングが出来ていなければ不可能です。機械的シャープナーも多数ありますが、チェアーサイドで簡便に使用できるものは少なく、一般にチェアーサイドでは熟練を要するフリーハンドでのシャープニングが行われています。
しかし、フリーハンドでは正確に角度を設定するのは困難です。
エッジスターは科学的で実践的なシャープニングを可能にする、全く新しいシャープニングシステムです。

 

特徴・使用方法

シャープニングプレートのガイドレールは、78°にも72°にもネジで簡単に設定できます。
キュレットタイプスケーラーは78°に、シックルタイプスケーラーの場合は72°に設定します。

右刃 (Right Blade)の研磨には右側のガイドレールを、左刃 (Left Blade)の研磨には左側のガイドレールを用います。

砥石は異なった2種の砥石をHホルダーにセットし、刃の状態により砥石を替え、ガイドレールに沿わせてスライドさせます。

砥石の動きは、上から下にダウンストロークで研磨し、下から上へ戻すときはガイドレールのあそびを利用して、刃に当たらないように戻すことが出来ます。

 

シャープニング動画

◇ エッジスター シャープニングセット 使用方法#7

◇ エッジスター シャープニングセット 使用方法#8

標準装備品

・エッジスター シャープニング ストーン ×4
 F1 (CORSE) …………… 刃の修正用
 F2 (MEDIUM) ………… 刃の修正用
 F3 (FINE) ……………… 日常の臨床用
 F4 (SUPER FINE) …… 日常の臨床用
・エッジスター シャープニング プレート(スリム) ×1
・エッジスター Hホルダー  ×4
・エッジスター テストスティック ×2

オプション